元スキージャンプの選手である金子祐介さん。

 

フィンランドでの合宿練習中に、顔面から墜落し

顔面骨折・脳挫傷で生死をさまよった金子祐介さん。

 

一時心肺停止したものの、奇跡的に回復。

ところが、脳挫傷の後遺症で記憶喪失・・・。

 

これでもかと

次々に不幸な出来事に襲われながらも

最愛の彼女(その後嫁となる)である

ひとみ」さんと二人三脚で乗り越えてきた

元スキージャンパー金子祐介さんの

壮絶で悲し過ぎる感動のエピソード

が話題になってます!

 

金子祐介&ひとみ「生死さまよう大怪我&子宮がん」との闘い

 

1976年生まれ、今年40歳になる金子祐介さん。

北海道・札幌市の出身で

オリンピック出場も期待された

元スキージャンプの選手でした。

 

日本で開催された、長野オリンピックに出場した

おなじくスキージャンプの原田雅彦さんは

知ってる人も多いのではないでしょうか。

 

金子祐介さんは、その原田雅彦さんの記録を

大幅に超える「バッケンレコード記録」

を出したことから、次期オリンピック出場と

メダル獲得を大きく期待されていました。

 

しかし、金子祐介さんは

フィンランドでのスキージャンプの

海外合宿中に大けがを負い、生死をさまよいます。

 

顔面を地に叩きつけるように墜落してしまい

顔面骨折&脳挫傷で一時は心肺停止の危険な状態に。

目を覚ましていない状態で日本に搬送されたそうです。

 

そんな状態から、奇跡的に回復した喜びもつかの間

脳挫傷の後遺症もあり「記憶喪失」になったとか。

 

自身の名前が分らなくなるほどの

記憶障害になりながらも、最愛の彼女で後に

嫁となる婚約者のひとみさんの大きな支えもあり

見事に復活。復帰戦でいきなり優勝という

これ以上ない結果を出し、翌年の秋に

最愛の彼女であるひとみさんと結婚。

 

しかし、またも

金子祐介さんとひとみさんに

「残酷過ぎる試練」が襲い掛かりました。

 

結婚後、わずか二ヶ月発覚した

嫁・ひとみさんの「子宮がん」。

 

かなり進行した状態だったとのことですが

嫁のひとみさんは、金子祐介さんとの間に

子供を持ちたい!と強く願っていました。

そんな彼女に「子宮を摘出する」という

選択しはなかったようです。

 

これに関しては、ふたりが選択した道を

他人がどうこう言う権利はありません。

 

個人的には、同じ女性の立場として

ひとみさんの選択は、理解出来ますが

旦那さんである金子祐介さんを始め

家族の気持ちを考えると

胸が締め付けられますね・・・。

 

「自分の命より、愛する人との子供がほしい」

 

女性なら多くの人が理解出来る

ひとみさんの気持ちですが

 

残酷にも、ひとみさんは癌に打ち勝つことが出来ず

金子祐介さんとの子供が欲しいという願いも

叶えることが出来ませんでした。

 

元スキージャンパー・金子祐介の現在は?

 

金子祐介さんは、現在

自身の生死をさまよう大怪我と

最愛の嫁・ひとみさんの死(子宮がん)を乗り越え

指導者として活躍しています。

 

オリンピック出場を大きく期待されながら

金子祐介さん自身は、出場することが出来ませんでしたが

スキージャンプのナショナルチームで

指導者という立場で「オリンピック出場」が

叶うことになるでしょう。

天国のひとみさんも、金子祐介さんの活躍を

誇らしく見守っているでしょうね(^_-)-☆

 

スポンサーリンク

金子祐介&ひとみ「悲し過ぎる感動エピソード」に視聴者の反応は?

 

金子祐介というスキージャンプの選手を

全く知らなかったという人が多かったようですね。

その分、テレビの放送を見た視聴者は

金子祐介さんと嫁・ひとみさんとのエピソードを

自分の立場に置き換え、感情移入した人が

多かったようです。

 

「もし、自分がひとみさんの立場だったら

自分の恋人を、そこまで献身的に支えることが出来るか」

 

「本当に復活出来るのか。一生生涯が残るのではないか。

そんな状態の時にも、気持ちがぶれずに信じて

支え続けたひとみさんは・・・凄い」

 

「金子祐介さん・・・辛すぎるね」

 

「生きることを優先して、夫婦二人で

長生きしようという選択肢はなかったのか」

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大怪我で一度は生死をさまよい

記憶喪失な状態の中でも

「スキージャンプのフォーム」は無意識に

体が覚えていたというか金子祐介さん。

 

そんな「ジャンプ」を心から愛する金子祐介さんの

弾ける満開の笑顔でコーチとして

「オリンピックの舞台」に立つ日を

ひとみさんも、楽しみにしていることでしょう。

 

2018年の冬季オリンピック「スキージャンプ」は

選手だけではなく「指導者・金子祐介」としての

晴れ舞台になるといいですね(^_-)-☆