度重なる失言で騒動を巻き起こし

注目を集めている「大西英雄衆院議員」。

大西英雄衆院議員が口を開く度に

自民党の幹部はハラハラしているようですね。

そんな中、またお騒がせな失言をした

大西英雄衆院議員が注目を集めています。

 

今回は、大西英雄衆院議員の

過去の失言を含めた「失言3連発!」

を紹介します。

 

スポンサーリンク

大西英雄衆院議員の失言1「巫女のくせに」「巫女さんを札幌の夜に誘って・・・」

 

自民党の大西英雄衆院議員。

自民党の公認候補の「応援」の為に神社に出向いた際

出向いた先の神社の巫女さんから

「自民党はあまり好きじゃない」と言われたことを

後日、自民党の会合の場で

「巫女のくせになんだと思った」と話したとか。

 

「身内の会合の場だから・・・」と

気が緩んだのかもしれませんが

 

「巫女のくせに」という発言は

「巫女」という職業を軽視し

「女性」を軽視してるとも受け取れ

大きな波紋を呼んでいますね。

 

また、同じ会合の場で

巫女さんに自民党候補の応援を頼んだ際

「断られた」というエピソードを披露し

 

「巫女さんが二十歳くらいの子で、選挙も初めてだと言うから

巫女さんを誘って札幌の夜に説得しようと思った」

 

なんて空気の読めないおっさん発言もしたよう。

 

聞く人によっては「男女関係」を想像させるような発言で

大西英雄衆院議員は「上手い事言ったぜ!」なんて

思ったのでしょうけど(^^;

かなり空気の読めない「痛い失言」になりました。

 

大西英雄衆院議員に応援演説とか

頼まない方がいいでしょうね(^^;

 

応援ではなく落選の手助け

になってしまいそうですからね。

 

2016年の出来事です。

スポンサーリンク

大西英雄衆院議員の失言2「報道機関を懲らしめる」

 

大西英雄衆院議員にとって「不利な報道」をする

テレビの報道番組などが気に入らないのでしょう。

 

またも、「身内の会合の場」で気が緩んでしまったのか

「報道機関・マスコミを懲らしめるには

広告収入がなくなるのが一番」

という失言をして、自民党幹部から

「厳重注意」を受けました。

 

その後、自身のフェイスブックで

「報道の自由、言論の自由は民主主義の根幹である」

「言論が規制されるようなことが断じてあってはならない」

などとコメントしていました。

 

2015年の出来事です。

大西英雄衆院議員の失言3「子供を産まないとダメだぞ」

 

国会の場での発言なのかどうかは不明ですが

過去に上西小も合議員に対し

「子供を産まないとだめだぞ」などという

セクハラヤジを飛ばし、問題になりました。

2014年の出来事です。

 

まとめ

 

振り返ってみると、自民党の大西英雄衆院議員。

1年に1回・・・要するに、毎年。

失言で騒動を起こしているんですね。

自民党の幹部からは

言動に十分に注意して本務に精励しろ!

もはや、つける薬はない!

 

なんて言う声も挙がっているとか。

 

自民党が選挙で勝てるかどうか?

大西英雄衆院議員の口を閉じさせることが出来るか?

に掛かっているかもしませんね(^^;

お騒がせ失言連発の大西英雄衆院議員。

今後も注目です。