卓球界のアイドル?として泣き虫だった幼い頃から

メディアに度々取り上げられていた福原愛さん。

 

愛ちゃんが幼い頃、頻繁にテレビに登場していた

父親は、ある時から姿を現さなくなり

「福原愛さんと父親の深い確執」

噂されるようになりました。

 

福原愛さんの父親は、2013年10月6日に

すい臓がんで亡くなったことが報道され

その際、福原愛さんがFAXでコメント発表し

その内容が

「父親との深い確執を決定付ける衝撃的」

なものでした。

 

今回は、福原愛さんと父親に生じた

深い確執の理由を調べてみました。

 

う~ん・・・

愛ちゃんのスマイルの裏では

こんなことがあったのね・・・胸が痛みます(^^;

 

スポンサーリンク

福原愛「父親との確執」の理由その1

 

2004年頃に福原愛さんの父親と母親が離婚をし

当時15歳とのいう年齢だった福原愛さんは

父親と母親が離婚するに至った「大人の事情」を

理解するには幼過ぎて

「家を出て家族の元を離れた父親」に対して

確執が生じたのではないか?

と言われています。

 

★福原愛が江宏傑と結婚したら国籍はどうなる?驚くべき中国人の結婚観とは!

 

スポンサーリンク

福原愛「父親との確執」の理由その2

 

両親が経営していた「建設会社」が

多額の負債を抱えて倒産したのですが

 

多額の負債の原因が

「父親の使い込みが原因だった」

と思ってる福原愛さんが

父親に対して拒絶反応を示し

 

「長年に渡り父親との関係を断絶する」

という確執が生じたのではないか?

とも言われています。

 

 ★「よりによって台湾人!」中国人が福原愛と江宏傑の熱愛を祝福できない理由

福原愛「父親との確執」の理由その3

 

後に、父親と母親が経営していた建設会社の

「多額の負債」の原因が

福原愛さん自身の選手活動の為であり

 

父親が福原愛さんをはじめ家族を守る為に

離婚してひとりで借金を背負った

 

という噂もあがりました。

そういった内容が事実かどうかは分かりませんが

福原愛さんは心を痛めたことと思います。

 

そんな事も重なって、父親との和解の切っ掛けを掴めず

深い確執を残したまま「永遠の別れ」となったしまった

 

いう報道もされていました。

まとめ

 

福原愛さんの父親がすい臓がんで亡くなったと

報道された当時、コメントの中で

 

「2008年頃から約5年に渡って一切連絡を取っていなかった」

という父親と断絶状態だったことを明かしていますので

福原愛さんと父親との間に

「何らかの確執」があったのは確かでしょう。

しかし、確執が生じた本当の理由は

父親が亡くなった今では、福原愛さん自身しか

知ることが出来ません。

「和解した状態で天国に送れなかった」

ということを福原愛さんも後悔しているのではないでしょうか。

 

そんな気がしますね(^^;