先日行われたプロ野球・楽天対ソフトバンクの

内川聖一選手「涙のヒーローインタビュー」は

大きな話題を集めました。

 

野球の内川聖一選手のみならず、他の競技でも

試合後のインタビューで「震災地熊本に対する想い」

に対するコメントを求められ、涙を流す選手が続出しています。

 

特に「地元が熊本!」という選手にとっては

「試合後のインタビューで熊本へのコメントを求めるのは

涙をこらえるのが難しい酷な質問なのでは?」

と思ってしまいますね(^^;

 

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ・植田直道「試合後インタビュー」は涙で絶句【動画あり】

 

熊本県宇土市出身の鹿島アントラーズ・植田直道選手。

14日に起こった最初の大きな地震の後、海沿いに住んでいる家族は

知り合いの家に非難したものの、その後も続く大きな地震の為

更に安全な場所を求め、車で高台の移動し

車の中で夜を明かしたそうです。

 

そんな状況を聞きながらも、すぐに駆けつけてられず

なにも助けてあげられないという

家族に対する申し訳なさい気持ちが溢れたのでしょう。

 

サポーターの暖かい声援の中行われた

試合後のインタビューでは約30秒

沈黙をし、涙で言葉を詰まらせる植田直道選手の姿が

 

見守ったサポーターから多くの涙を誘いました。

 

鹿島アントラーズ・植田直道選手「試合後涙のインタビュー」動画はこちら

 

私もこの

植田直道選手の試合後の涙のインタビュー動画

見ましたが・・・もらい泣きして涙出ちゃいました。

 

↓こんな記事も読まれてます!↓

【もらい泣き注意!】ソフトバンク・内川聖一選手の「涙のヒーローインタビュー動画」が話題

 

 

スポンサーリンク

巨人・立岡宗一郎 涙こらえ「今こそ野球をするしかない!」

 

熊本県の芦北町の出身である巨人・立岡宗一郎選手。

16日の未明に起こった「本震」と言われている

地震の直後に熊本の両親に連絡をした際

「家の中がめちゃくちゃだ・・・」と知らされたという

立岡宗一郎選手。しかし、翌日も試合がある為

 

駆けつけることも出来ず、どれほど

もどかしく苦しい思いのまま、試合に出たでしょうか。

 

「今僕に出来ることは、しっかり野球をすること。

苦しいけどそれしかない」

 

と自らを奮い立たせて二つのヒットを含む

4度の出塁をして勝利に貢献。

 

直ぐに駆けつけられないのが辛い・・・

とインタビューで答えていた立岡宗一郎選手ですが

 

この立岡宗一郎選手が野球で活躍する姿を見て

「熊本のファン、両親、同級生・・・」など

多くの人が少しでも勇気付けられたのでは?

そんなふうに思います。

 

↓こんな記事も読まれてます!↓

【もらい泣き注意!】ソフトバンク・内川聖一選手の「涙のヒーローインタビュー動画」が話題

 

 

まとめ

 

心配で仕方ないのに何も出来ない・・・

涙をこらえて試合に集中しなくてはならない・・・

 

そんなプロスポーツ選手達にとっても

 

しばらくは辛い日々が続きますね。

内川聖一選手も、植田直道選手も

まだまだ試合は続きます。

「野球なんて、サッカーなんてやってる場合じゃない!」

などという人も中にはいるでしょう。

しかし、

辛い思いを抱えながら、涙をこらえながら必死に戦う姿を見て

勇気づけられる熊本の方もいるはずです。

 

今日も

素晴らしい試合&涙のヒーローインタビューを

期待しています(^_-)-☆

 

↓こんな記事も読まれてます!↓

【もらい泣き注意!】ソフトバンク・内川聖一選手の「涙のヒーローインタビュー動画」が話題