*

ベッキー「ゲス川谷・元嫁」から抗議文!文春が伝書鳩化してる件

公開日: : 最終更新日:2016/06/16 芸能

芸能リポーター井上幸三さんの予言で

多くの注目を集めていたベッキーの次なる文春砲。

「ベッキーが金スマで復帰したことに対して

ゲス川谷の元嫁が週刊文春にベッキーの事務所宛に

抗議文を送った」

ということが明らかになりました。

 

個人的には・・・こんなこと言うのもなんですが

 

「期待したほどの文春砲ではなかった」

「え?これじゃなくて、他にまだあるんじゃない?」

 

って言うのが正直なところ。(^^;

 

とりあえず、今後

これ以上の文春砲がまだあることを期待して(爆)

 

ゲス川谷の元嫁が

ベッキー金スマ復帰に抗議した理由

 

ゲス川谷の元嫁が

ベッキー事務所に送った抗議文の存在を文春が把握している理由

を考えてみます!

 

ゲス川谷の元嫁「ベッキー金スマ復帰」を知らなかった?!

金スマでテレビ復帰し涙の謝罪が放送されたことで

ようやく「復帰」に向けて、世間の厳しい風当たりが

弱まっていたベッキー。

しかし、ここに来てゲス川谷の元嫁が

金スマでテレビ復帰したベッキーに対する抗議文を

送っていたことを文春がスクープし

ベッキー復帰計画も逆戻り?の感じになっています。

 

ゲス川谷の元嫁が「謝罪を受け入れた」と言われていましたが

それなのに、なぜ

「金スマ復帰したベッキーに抗議文送るほど激怒しているのか?」

 

その理由を聞くと「そりゃ、そうだよな・・・」と

世間の多くが納得する理由でした。

 

ベッキーの

「金スマ収録の時期」と「ゲス川谷の元嫁に対する謝罪の時期」

順序を簡単に並べるとこんな感じになります。

 

★ ゲス川谷の元嫁がベッキーに直接会うことを了解した

★ 「直接謝罪後に放送」を条件に金スマ収録に参加

★ ゲス川谷の元嫁と面会し、直接謝罪が受け入れられた

★ 謝罪前に収録していた金スマを放送

 

問題は、ベッキーが

直接謝罪をゲス川谷の元嫁にした時にその時点で

「収録済みの金スマでゲス川谷との不倫騒動について

詳細を語ったことを伝えていなかった」

という部分じゃないでしょうか。

 

傷つけて本当に申し訳ないと思っている

と涙を流していたベッキーに

心を動かされていた視聴者の1人としては

 

「え?なんでゲス川谷の元嫁にあった時に

金スマ復帰で収録した内容のこと言ってなかったの?」

とかなりビックリしました。

 

一般人の感覚というか、常識から考えれば

「謝罪をする前に収録」までは理解出来ても

「直接会った時に収録内容を伝えてなかった」

というのは信じられません。

 

「芸能人ってこんなに常識ないのか?」

「ベッキーやベッキーの周りの人だけがそうなのか?」

 

そんな風におもった人も、世間には多いのではないかと思います。

 

世間で注目されていた

「破壊力抜群?の文春砲」としては若干期待外れ感のあるネタですが

 

井上幸三さんが予言していた

「ベッキーのタレント生命を左右する出来事」

ってことに関しては

「タレント生命」ってほどではないにしても

この「ゲス川谷の元嫁がベッキーに送った抗議文」の

存在を文春が報じたことで確実に

ベッキーの本格復帰が遠のいたのではないか?

と思いますね。

 

ベッキーはもっと

頭のいい子ってイメージがあったのですが

 

意外と一般常識は足りない人だったんですね(^^;

 

残念です。

 

スポンサーリンク

ゲス川谷の元嫁「ベッキーに抗議文」を文春に送った理由

ベッキーとゲス川谷の元嫁との手紙のやり取りを

なぜか毎回「週刊文春」が絡んでいるという

一見面白くもあり、理解しがたいこの構図。

 

まるで文春が「伝書鳩化」していますね(^^;

 

ベッキーが文春に

「ゲス川谷の元嫁」への謝罪の手紙を送ったのは

ゲス川谷の元嫁が拒否していたから

という理由で納得なのですが

 

ゲス川谷の元嫁が「ベッキーに対する抗議文」を

ベッキーの事務所に送った事実を

なぜ、内容を含め文春が把握していたのか?

 

勝手な推測になりますが、おそらく

「ベッキーの反省が本心だ信じて直接謝罪を受け入れたのに

不倫騒動について語った金スマの収録のことを知らされずに

裏切られた、恩を仇で返された気持ちになった」

 

ということではないでしょうか。

 

その為、言葉は悪いですがもう一度「復讐」というか

「お灸をすえる」という意味で

 

ベッキーに抗議文を送った事実を

週刊文春にも伝え、世間に公表されることを望んだのでしょう。

 

ベッキーの事務所に送っただけで終われば

世間に知られることなく、上辺だけの謝罪の連絡

 

だけで済まされたでしょうからね。

 

ゲス川谷の元嫁としては

それでは怒りがおさまらなかったのでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ・感想

 

これだけの大きなスキャンダルを起こしてからの

芸能活動復帰となったら、それなりに

計画的に緻密な戦略を練らなければならないのに

 

今回の金スマ復帰とゲス川谷の元嫁に対する謝罪に関しては

 

「事務所に相談せず、ベッキーが暴走しちゃったのでは?」

と思ってしまうほど、お粗末な結果になってしまいました。

 

まさか・・・

他にも週刊文春がベッキーのネタを握ってるなんて

 

そんなことはないでしょうけど

 

もし文春砲が今後も続くならば

「手紙」以外のネタでお願いします(笑)

 

↓こちらの記事も読まれてます!↓

【衝撃】ゲス極・川谷の元嫁は妊娠中だった?!の噂「ベッキー本格復帰」は絶望的?!

カトパンはウドパンの足元にも及ばない?!「嫉妬したら大炎上」の残念な件

「ブス女」と手書きのレシート渡された女性が大激怒!イオンでの実話

【衝撃】ベッキーよりもヤバ過ぎる?!泥沼ダブル不倫の女優は誰?!

スポンサーリンク


 

関連記事

no image

加藤綾子「有働由美子に嫉妬心」で炎上!「格が違う」批判の声殺到!

カトパンこと元フジテレビのフリーアナウンサー加藤綾子さんが、バラエティー番組のMCで NHKの

記事を読む

no image

スマップ(SMAP)の2016紅白出演はガセ?!その理由とファンの意外な反応とは?

2016年の紅白出場歌手&曲目が決定し注目を浴びる中 解散が決まっているスマップ(SMAP)の

記事を読む

no image

広瀬香美「年齢と共に激変の顔」に整形疑惑?!元旦那との離婚理由は?

「ゲレンデの女王」「ウィンターソングの女王」 などの異名を持つ歌手・広瀬香美さん。 &n

記事を読む

no image

ベッキー「次の文春砲」って何?「タレント生命を脅かす出来事」とは?まだあるのかよ(爆)

芸能リポーター・井上幸三さんが、超不気味な意味深予告 「週刊文春は、ベッキーのタレント生命を左

記事を読む

no image

木村好珠の性格&彼氏がロンハーで暴かれる?!本業は一体何なの?

美人女医&アイドルとして注目の木村好珠(きむらこのみ)さんが ロンハーに出演し自宅が公開される

記事を読む

turuta

高梨臨に似てる人が多過ぎる?!画像で比較してみた!

サッカー日本代表・槙野智章との熱愛発覚で注目の女優・高梨臨さん。 そんな高梨臨さんに「似てる人

記事を読む

no image

水道橋博士嫌いの声を「オカマ化」でシャットアウト?視聴者の反応を大検証!

あさイチにコメンテーターとして出演している水道橋博士。 「嫌い!」というアンチ・水道橋博士が多

記事を読む

no image

高橋みなみに「15歳年上彼氏」いつから?熱愛相手を西川貴教は知っていたのか?!

先月4月8日の「誕生日」にAKB48を卒業した高橋みなみさん。 高橋みなみさんの「初めての熱愛

記事を読む

井上晴美がブログ再開!現在は笑顔が戻って前向きな被災生活【炎上&批判騒動のその後】

ブログで発信した内容に、批判コメントが殺到し炎上してしまった井上晴美さん。 その後「ブログ終了

記事を読む

no image

苅羽悠(かりわゆう)のプロフィール画像&今後はどうなる?を調査してみた!

俳優・苅羽悠(かりわゆう)さんが自転車(マウンテンバイク)で 衝突死亡事故を起こしたことが話題

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



no image
角田信朗がブログで確執暴露!松本人志( 松ちゃん )の側近ベテラン芸人は誰?

格闘技K-1のプロデューサーで、現在はボディービルダーとしても活躍中の

no image
松本伊代の顔ひきつりは劣化が原因?画像で整形疑惑を検証してみた!

50代とは思えない可愛らしさを現在も維持している松本伊代さん。

no image
松本伊代に発達障害を公表した過去?天然エピソードが規格外で衝撃的過ぎる!

夫・ヒロミさんが明かす家庭での面白ネタやテレビでの発言が 「想像

no image
松本伊代が線路侵入で大炎上!今後逮捕される可能性&世間の反応は?

ヒロミの嫁で歌手&タレントの松本伊代さんが線路に侵入して撮影した

no image
河中あい(袴田吉彦の嫁)のプロフィール画像!はんにゃ川島&橋本マナミとの気になる関係とは?

元グラビアアイドルで俳優・袴田吉彦さんの嫁でもある河中あいさん。

→もっと見る

PAGE TOP ↑