韓流ドラマが人気の理由を、日本人目線と韓国人目線で語っていきます!

 

2003年、今から約13年前に人気を集めた韓流ドラマ「冬のソナタ」から

日本で韓流ドラマの人気に火が付いた韓流ブーム。

 

10年以上前の「昔」と「今」では

韓流ドラマの人気の理由が随分と変わってきているようです。

 

今回は

日本で韓流ドラマが人気の理由を「昔」と「今」で比較してみました!

 

また

韓国で報じられている「韓流ドラマがアジアで人気の理由」も紹介します!

 

 

韓流ドラマが人気の理由「今と昔」はこんなに違う?!

 

2003年の「ヨン様ブーム」と共に多くの日本女性から

人気を集めた韓流ドラマの数々。

 

韓流ドラマの人気がブームになっていた当時

「多くの日本人女性に韓流ドラマが受け入れられていた理由」は

 

これでもか!ってほどの韓流ドラマの「非現実的な設定」でした。

 

★ 身分が違いすぎるき男女の恋

★ 出生の秘密に引き裂かれる男女の恋

★ 不治の病(白血病)で永遠の別れをする男女の恋

 

当時の韓流ドラマが現実離れしている設定のものが多かった

いうのは事実ですが、それでも多くの女性が

 

現実離れした韓流ドラマの設定にのめり込み

自分の実生活と比較しながら

憧れと妄想?を感じながら韓流ドラマにハマっていました。

 

「好きな俳優が出演しているから」

という理由で韓流ドラマが人気だったのではなく

 

「非現実的な設定のストーリー」が韓流ドラマが人気の理由だったのです。

 

 

その後、日本でも多くの韓流ドラマが視聴され人気を集めたことで

作品に出演している俳優・女優が人気を集めだし

 

今では、特定の好きな俳優が出演する韓流ドラマを追いかけるようになりました。

 

韓流ドラマを作り出す韓国側としたら

どうしたら海外(日本)で韓流ドラマが人気を集められるか?

その理由が「単純で簡単な物」になってしまったのです。

 

ドラマの設定や脚本の質は「ソコソコ」でも

人気俳優を主演させておけばある程度稼げる!

 

いつからか、そんな風になってしまいました。

 

 

そういった理由で、韓流ドラマの人気が全盛期を支えていた

 

「非現実的なストーリーにハマった中高年の女性」のファンが

徐々に韓流ドラマから離れて行き人気に陰りが見えてきたようです。

 

まぁ、日本での韓流ドラマ人気は陰りが見えても

人口10億?の中国で韓流ドラマは今も大人気ですから

 

韓国にとっては日本の韓流ドラマの人気が落ちたところで

その理由も気にすらしないでしょう(^^;

 

スポンサーリンク

韓国人は「韓流ドラマが日本で人気の理由」をこう思っている!

 

私自身、韓国に住んでいながら

こんな言い方するのも何ですが・・・

 

韓国人は「韓流ドラマが日本で人気の理由」を

大きく勘違いしてるような気がします(爆)

 

テレビニュースなどで

「中国やベトナムなどアジアでの韓流ドラマの人気」を報道する時

 

「我々の国の文化である韓流ドラマが、アジアのみならず

世界でも優れた作品として認められていることが誇らしい」

 

というような伝えられ方をすることが多いのです(^^;

 

こんな報道をされる度に、正直かなり違和感を感じ

 

「優れた作品だからというのが韓流ドラマの人気の理由じゃないだろ」

「韓流ドラマの質だったら、昔の作品の方まだマシだよ」

 

となぜか反発したくなっちゃうんですよね。

 

こんなんだから

いつまでたっても韓国生活に馴染めないんだ

 

と最近は自覚しています(爆)

 

スポンサーリンク

まとめ・感想

 

韓流ドラマの人気に火が付いた切っ掛けである

「冬のソナタ」には全く興味がなかった私ですが

 

まだ日本に住んでいた時、たった一つだけ

超ハマった韓流ドラマがありました。

 

韓国でもかなりの人気を集めた

「私の名前はキムサムスン」というドラマ。

 

決して、ヒョンビンが好きだったわけでもなく

むしろヒョンビンの存在すら知りませんでした(^^;

 

ハマった理由は

「自分と同年代のヒロインの生き方に共感と憧れを抱いたから」

というものでした。

 

TSUTAYAでDVDをレンタルし、全16話を一晩で視聴し

一睡もしないで仕事に行った記憶があります。

 

それほどに、ストーリーに中毒性があった昔の韓流ドラマ。

 

「人気俳優を使ってごり押し」ではなく

「脚本で勝負」という昔の方向に戻ることを個人的には期待しています(^^;