夫・大橋巨泉を亡くした傷心の妻・大橋寿々子のコメントに批判殺到?その理由とは?

 

ガン闘病中に急性呼吸不全で亡くなったことが明らかになった

タレント・大橋巨泉さん。

 

故・大橋巨泉さんの現在の嫁で二番目の妻である

大橋寿々子さんが出したコメントが物議をかもし話題になっています。

 

最愛の夫を亡くしたばかりで傷心の大橋寿々子さんのコメントが

批判を浴びてしまっている理由は何なのでしょうか?

 

大橋寿々子さんが批判を受けてしまったコメントの内容

大橋寿々子さんのコメントに対する世間の反応

 

を紹介します!

 

大橋寿々子のコメント内容と批判殺到?!の理由とは?

度重なるガンとの闘病中であった大橋巨泉さん。

82歳という高齢もあり、現在の様子が心配されていましたが

「一週間前に急性呼吸不全で亡くなっていた」

という驚きの事実が明らかになりました。

 

そんな中、大橋巨泉さんの現在の嫁で二番目の妻である

大橋寿々子さんが出したコメント内容に批判?の声が集まるなど

ちょっとした騒動になっています。

 

大橋寿々子さんのコメント内容のどの部分に批判が集まっているのか?

 

それは、大橋寿々子さんのコメント内容に何度か使われている

「モルヒネ系の鎮痛剤・痛み止めの誤投与」

というキーワードです。

 

実際の闘病・治療の過程で

家族の誰と医師が治療方法や使用薬物について相談し意思疎通したのか

は分かりません。

 

大橋巨泉さんの配偶者で妻である大橋寿々子さんと医師が相談したのか?

大橋巨泉さんの子供と医師が相談したのか?

 

それによって治療の方針や使う薬物に対する認識のズレが生じる可能性もあります。

 

大橋巨泉さんの妻である大橋寿々子さんがコメントに

「誤投与」という言葉を使った意図やその背景は分かりませんが

 

マスコミから広く世間に公表されるコメント内容としては

 

「誤投与」という言葉を使ったことで

「大橋巨泉は医療ミスで亡くなったのか」

というとらえられ方をされるでしょうし

 

そうなると

「大橋巨泉が治療していのはどこの病院か?」

「鎮痛剤の誤投与で医療ミスを犯した医師の名前は?」

 

などという詮索や憶測が広まり

裁判沙汰になりかねない騒動になる可能性もあります。

 

そういった理由で、世間では

 

故・大橋巨泉さんの妻である大橋寿々子さんのコメント内容に対し

「医療ミスを連想させる誤投与という言葉を感情的にマスコミに発するべきではない」

という批判のが出ているようです。

 

う~ん・・・

実際、大橋巨泉さんの家族と医師の間で

どういった話し合い・やり取りがあったのかが不明なので

 

今後の騒動の展開が読めませんね・・・。

 

 

↓こんな記事も読まれてます!

大橋巨泉をノックアウト?!寿々子夫人の「アイドル時代」が超カワイイ!

スポンサーリンク

夫・大橋巨泉を亡くした嫁・大橋寿々子のコメント内容に世間の反応は?

 

「誤投与って書いてあるけど、医療ミスってことじゃないの?」

 

「余命が短いといっても誤投与は許される問題じゃない」

 

「寿々子さんの気持ちも分からなくはないが、病院が会見をして裁判になる気がする」

 

「在宅介護での鎮痛剤過剰投与が家族のミスなのか、医師のミスなのか・・・」

 

「自宅で最期を迎えたかっただろうに、無念だったろうね」

 

「大橋巨泉の意思と寿々子夫人の意思が食い違っていたのではないか?」

 

「大橋巨泉は自宅で安楽死を望んでいたのではないかと思ってしまう」

 

スポンサーリンク

まとめ・感想

 

今回の故・大橋巨泉さんの嫁・大橋寿々子さんのコメントによる

「誤投与・医療ミス疑惑」騒動。

 

故・大橋巨泉さんの子供の嫁である寿々子さんの立場や子供の立場

主治医の立場や世間一般の人の立場

 

それぞれの立場で見解も感じ方もそれぞれです。

 

個人的には、故・大橋巨泉さんの妻である寿々子の

現在の心情は理解出来なくはないですが

 

著名人の配偶者である妻として

マスコミを通して世間に伝える公式コメントの内容としては

 

「誤投与」という言葉はあまりにも安易で感情的に走りすぎた

という気がしてしまいますね。

 

故・大橋巨泉さんの遺族であり嫁である寿々子さんと

故・大橋巨泉さんの闘病に携わった医師との間に

 

名誉棄損や医療ミス等で裁判沙汰なんてことにならないことを

願うばかりですね(^^;

 

↓こんな記事も読まれてます!

大橋巨泉をノックアウト?!寿々子夫人の「アイドル時代」が超カワイイ!

スポンサーリンク