リオ五輪決勝戦での衝撃的な敗戦が話題になっている吉田沙保里選手。

そんな中、吉田沙保里選手が「15年前の対戦」で負けた過去のある

山本聖子さんとの「リオ五輪まで続いた因縁」が話題になっています!

 

今回はそんな

山本聖子さんと吉田沙保里選手の「対戦」にまつわるエピソード

を紹介します。

 

山本聖子&吉田沙保里「因縁の対戦」は15年前から始まった?!

リオ五輪での怒涛の金メダルラッシュと吉田沙保里選手の衝撃の敗戦で

大きく盛り上がった女子レスリング。

 

今回、リオ五輪の決勝の舞台で吉田沙保里選手が負けるまで続いていた

「個人戦203連勝」の無敗記録が注目を集めていますが

204試合前の対戦「連勝記録が始まる前の最後の敗戦」の対戦相手が

山本聖子さんだったんですね。

 

今から15年前「2001年全日本選手権」で山本聖子さんに負けた後から

吉田沙保里選手の連勝記録は続いていきました。

 

山本聖子さんといえば、現在はメジャーリーガー・ダルビッシュ有選手の

「事実婚の嫁」として知られていますが

 

レスリング一家である「山本家」の末っ子として

日本トップレベルの実力でもありました。

 

女子レスリングの世界選手権では複数の階級で

4度の世界一という成績を残しているもののオリンピックの出場歴はゼロ。

 

唯一、出場のチャンスがあった2004年のアテネ五輪の国内選考で

吉田沙保里選手に負けて代表を逃したという過去もあり

 

お互いに「避けては通れない対戦相手」として

ライバル関係にあったことがうかがえます。

 

山本聖子さんが最初の結婚&出産をしたことで

 

吉田沙保里選手との「因縁の関係」も終わったか?に思えたのですが

 

山本聖子さんが現役復帰後、アメリカ代表チームのコーチに就任したことで

吉田沙保里選手との「因縁の対戦」が違った形でリオ五輪まで続くとは・・・

 

この時は、誰も思ってなかったでしょうね(^^;

 

スポンサーリンク

山本聖子&吉田沙保里「因縁の対戦」はリオでも続いていた?!

今回、リオ五輪の決勝戦で衝撃の敗戦をするまで

15年前の山本聖子さんとの対戦で負けて以降

連勝記録が続いていた吉田沙保里選手。

 

今回、リオ五輪の決勝戦で負けた対戦相手である

アメリカのヘレン・マルーリス選手が山本聖子さんの元教え子だった

ということがダルビッシュ有選手のSNSで明かされ話題になっています。

 

このタイミングでダルビッシュ有選手が明かしたことに関しては

「だから何なのさ」「山本聖子のおかげとでも言いたいのか」

などと厳しい声が挙がっていますが、それは置いといて(笑)

 

今回、日本国民に衝撃を与えた?吉田沙保里選手の敗戦の相手が

「山本聖子と無関係ではなかった」という事実に

 

個人的には驚きと共に

「この二人の因縁の対戦は何年先まで続くのか・・・」と

恐ろしさも感じました💦

スポンサーリンク

まとめ・感想

 

吉田沙保里選手が個人戦で負けたのが15年前の

「山本聖子さんとの対戦以来」であり

 

今回、リオ五輪の決勝戦で負けた対戦相手が

「山本聖子さんの元教え子」というのを見ると

 

この二人には「何か」があるんでしょうね(^^;

 

近い将来、吉田沙保里選手と山本聖子さんの

「教え子同士の因縁の対戦」?!なんて試合が

オリンピックの舞台で見られる日が来るかもしれませんね!

スポンサーリンク