フジテレビの情報番組などで活躍する大村正樹アナウンサーが

女優・高畑淳子さんの謝罪会見でした質問内容が多くの批判を浴び

炎上した結果謝罪するという騒動が話題になっています!

 

過去にもテレビでの失言で何度か批判を浴びている大村正樹アナウンサーですが

さて・・・今回

大村正樹アナの高畑淳子さんの謝罪会見での質問内容が

批判を浴びるほど「失言」と言えるほどの内容だったのか?

なぜ謝罪をしたのか?謝罪をする必要があったのか?

 

について考えてみました。

 

大村正樹は謝罪の必要はない?!失言と批判された質問内容に思うこと

 

高畑淳子さんの謝罪会見で、大村正樹アナウンサーがした質問の内容。

「高畑裕太容疑者の変わった性癖について思い当たることはなかったか?」

という趣旨の質問がなぜか、批判を浴びて炎上しちゃってますね。

 

大村正樹アナウンサーが高畑淳子さんの謝罪会見で質問した内容を

批判してる人は「高畑淳子さんに同情している人達」とも言えます。

 

私も、謝罪会見の映像を見ましたが

自分の子供の不祥事とはいえ、あまりに痛々しい高畑淳子さんの姿に

同情しましたし、心配にもなりました。

 

しかし、何の為に謝罪会見を開いたのか?を考えると

大村正樹アナウンサーの「失言」と言われている質問内容は

「して当然の質問だった」とも思えます。

 

そう考える理由は・・・

 

★息子の高畑裕太容疑者の性癖が犯行の動機と関係があると思われている

★謝罪するだけの会見なら、母親の高畑淳子さんが会見する意味がない

と思うからです。

 

当然、大村正樹アナウンサーも職業がら慣れてしまっているとはいえ

息子の性癖について母親の高畑淳子さんに質問するのは簡単ではなかった

と思いますよ。人間ですから💦

 

先日の、高知東生容疑者が覚せい剤で逮捕された際

当時の妻・高島礼子さんが開いた謝罪会見でこんな質問がありました。

「高知東生容疑者が薬物を使用していると疑ったことはなかったか?」

 

正直、謝罪会見の質問内容としては

大村正樹アナウンサーがした「失言」と言われ批判されている内容と

タイプはほとんど同じ といえます。

 

薬物犯罪を犯した容疑者の家族に対しては

「家族として薬物使用していることを全く気付かなかったか?」

と質問するのは当たり前の流れですし

 

性犯罪を犯した容疑者の家族に対しては

「家族として犯罪の予兆となるような性的嗜好はなかったか?」

と質問するのも、同じく当たり前の流れではないでしょうか。

 

質問された家族が、回答出来る内容か出来ない内容かは関係なんいです。

 

今回の

「失言」と批判を浴びて炎上してしまった大村正樹アナウンサーの騒動は

 

質問の仕方・言葉自体は批判を浴びるほどの非礼なものではなかった

と思いますし

質問の内容については

大村正樹アナウンサーがした質問が悪いのではなく犯罪の種類の問題

だと思いますね。

 

大村正樹アナウンサーが高畑淳子さんの謝罪会見でした

質問内容に対して謝罪する必要があったのか?

 

個人的には「全く謝罪する必要はなかった」と感じています。

 

スポンサーリンク

批判&炎上は過去の失言のせい?大村正樹が謝罪をした理由を考えてみた

高畑淳子さんの謝罪会見での質問内容が批判を浴びている大村正樹アナ。

 

今回の大村正樹アナウンサーの質問内容を「失言」と言ってしまうと

記者会見や芸能レポーターの存在自体も無意味で必要ないもの

と言ってるのと同じことだと思うんですよね。

 

「この質問を大村正樹アナではなくほかの人がしてたらどうだったのか?」

「同じように批判を浴びて炎上していただろうか?」

 

大村正樹アナウンサーの過去の失言と言われる発言内容を調べてみると

 

「ニュージーランド地震の被災者で足を失った少年に対するインタビュー」

というのがありました。

 

「サッカー出来なくなったけど、どんな気持ち?」

という質問をして批判を浴びたようですね。

 

たしかに、少年の立場にたったら

「そりゃ、言葉に表せないくらい辛くて悲しいに決まってるだろ」

と思います。当然ですよね。

 

しかし、逆にそのような状況で被害者・被災者の立場の人に

他に何を質問すればいいの?どんな質問なら許されるの?

 

と思ってしまうんですよね。

 

現場で被害者の家族や被災者に対して

「質問する内容」は現場のレポーターが自主的に考えているのかもしれませんが

 

「その現場に取材陣を送り込み、生の現場・生の声を取材する」

という意思はテレビ局や番組の制作陣の意思でもあると思うのです。

 

こんなことを言ったら批判されるかもしれませんが・・・

 

現場で直接取材をするレポーターは

「テレビ局や番組制作陣の望む答えを引き出す質問をしてるだけ」

なので個人的に批判されちゃうのは気の毒に感じますね。

 

高畑淳子さんの謝罪会見に話を戻すと・・・

大村正樹アナウンサーはなぜ、早々に謝罪をしたのか?を考えると

 

自身の質問内容を「失言」と認めて反省した為謝罪

というよりは

 

視聴者からの反発など番組の影響を考えて、騒動沈静化の為に

「番組スタッフの代表」として謝罪のコメントを出した

ということでしょう。

 

批判を寄せている人=番組の視聴者でもあるのですから

 

「負けるが勝ち」という選択をしたのではないでしょうか(^^;

 

スポンサーリンク

まとめ・感想

 

ネットって・・・本当に恐ろしいですね(^^;

 

100人いたら、100通りの意見があり100通りの受け取り方がある。

 

 

大村正樹アナウンサーもすっかり

「失言炎上レポーター」となりましたが

これからも、批判を恐れず&叩かれてもめげずに

「謝罪すればいいや」と開き直って

 

フジテレビの看板アナウンサー&レポーターとして

どんどん攻めてほしいと思いますね(爆)