子供から大人まで、多くのテニスファンに愛される「クルム伊達」こと

伊達公子さんの離婚のニュースが話題になっていますね。

 

伊達公子さんと元夫・ミハエル・クルムさんは共に

「世界を舞台に活躍しお互いを支え合う理想的な夫婦」と思っていたので

「離婚」のニュースに正直ショックを受けました。

 

離婚理由や離婚原因については

「お互いに活躍の舞台が世界なのですれ違いが多かったからでは?」

と言われていますが・・・

 

伊達公子さんとミハエル・クルムさんの間に子供がいなかったことが

離婚理由・離婚原因に結びつく環境を作ってしまったと感じます。

 

子供がほしくて不妊治療までしていた伊達公子さんの心情を想うと

なんだか切ないですね・・・。

 

伊達公子「子供がいない」ことが離婚理由につながる環境に?

夫婦仲が悪い訳でもなく、むしろ関係は良好。

16年間という月日を共にした夫との離婚を決断した伊達公子さん。

離婚理由は「すれ違い」と言われていますが

 

その「すれ違い」はなぜ起こったのでしょうか。

 

それはやはり

伊達公子さんが2008年に現役復帰したことが大きかったようです。

 

2001年に元夫のミハエル・クルムさんと結婚した伊達公子さんは

現役復帰するまでの約7年間

 

子供たちにテニスの楽しさを教えたり、解説の仕事をするなど

「テニス」に関り続けていたものの

 

生活の軸は、世界を舞台に活躍する夫と共にしていました。

 

子供を望んていた伊達公子さんは、おそらくこの間に

不妊治療にも臨んでいたものと思われます。

 

女性の人生にとって、子供がすべてではない

とは言っても

 

先が見えない不妊治療をしながら、年齢的を重ねてるうちに

テニス選手としての選手生命のタイムリミットを意識するようになり

 

「自分らしい後悔のない人生」の為に復帰を決意したのでしょう。

 

子供がいたら、伊達公子さんは現役復帰していたでしょうか?

 

こればっかりは

「たられば」で伊達公子さん本人にも分かりませんね💦

 

私の個人的には考えは

「不妊治療するほど子供を望んでいた伊達公子さんだから

幼い子供がいたら現役復帰という選択はしなかった」

 

と思います。

 

現役復帰したことが「悪い」ということでもなく

子供がいなかったことが「悪い」とも思いません。

 

ただ、離婚理由となった「すれ違い」という環境は

 

伊達公子さん夫婦に子供がいなかったことで

現役復帰という選択肢が生じ

離婚に繋がるすれ違いという環境に繋がった

 

と言えるでしょう。。。

 

スポンサーリンク

伊達公子「子供がほしくて不妊治療」が人生初の挫折?!切ない一言とは?

伊達公子さんが元夫のミハエル・クルムさんと共にした

16年という月日の間には

 

子供を熱望して不妊治療に望み「人生初の挫折」を味わった

伊達公子さんの苦悩の日々がありました。

 

どのタイミングでの伊達公子さんの言葉だったのか・・・

「不妊治療中」だったのか?「不妊治療を諦めた後」だったのか?

は正確には分からないのですが

 

「早い&遅いの差はあってもテニスでは努力すれば必ず結果がついてきた」

「でも不妊治療は違った・・・」

 

というコメントがありました。

 

世界のトップで活躍するプロテニス選手として

結果を求めて、血の滲むような努力を死ぬほどしてきた伊達公子さん。

 

そんな伊達公子さんにも出せない結果があったことを実感する

「でも不妊治療は違った・・・」という一言には

 

誰にも想像できない、本人にしか理解できない

「深い絶望感」が込められていると感じました・・・。

 

その言葉を発した時の、伊達公子さんの気持ちを考えると

 

同じ女性の立場として「切ないし胸が痛む・・・」

そんな気持ちになりますね。

 

それでも、いつまでも落ち込み何も出来ずにいるのではなく

子供を望んでいた気持ちに蓋をして

現役復帰という自分が輝き続けるための決断をした伊達公子さん。

 

やっぱり強くてカッコイイ!素敵な女性だと感じました。

 

スポンサーリンク

まとめ・感想

今回の伊達公子さん夫婦の「離婚」という選択。

「争って夫婦仲が悪くなっての離婚」ではないだけに

 

全くの他人である私でも「寂しさ」を感じます。。。

 

16年・・・って長いですよね。

 

しかし「離婚」は

後ろめたいものでもないし、珍しいものでもありません。

 

伊達公子さんのような素敵な女性なら

子供を持つことが難しい年齢であっても、人生のパートナーとして

再婚を望む素敵な男性は世界中にいるはずです。

 

伊達公子さんの「結婚前」に付き合っていた元彼も

外国人のサッカー選手でしたからね(^^;

 

 

今後、残り少ないであろう選手生活を悔いなく全うし

伊達公子さんが引退を決断した時には

 

再び「元夫と再婚」なんてのもありじゃないでしょうか(^_-)-☆

冗談じゃなくて・・・個人的にはありだと思う(爆)

スポンサーリンク