女子フィギュア・三原舞依(みひらまい)選手が

「国に難病指定された病気」を克服して浅田真央選手を脅かす?

衝撃のデビューをしたことが話題になってます!

 

今回は、そんな「ポスト浅田真央」と言われる

三原舞依選手が克服した「難病指定された病気」とは?

難病克服・三原舞依が平昌五輪に名乗り→浅田真央・引退の危機

について調べてみました!

 

ポスト浅田真央が次々出現する女子フィギュア・・・

かなり盛り上がって来てますね(^_-)-☆

 

三原舞依が克服「難病指定された病気」とは?

「女子フィギュアの新星・三原舞依選手が難病克服して衝撃デビュー」

と報じられたことで注目を集めている若年性特発性関節炎という病気。

 

16歳以下に原因不明で発生する関節炎(リウマチ)のことをいいます。

 

膝や足首など「足の関節」に炎症が起こる病気で

 

  • 関節の周囲が腫れ上がったり、高熱が出る
  • 歩くことも困難になり日常生活さえも支障が出る

などアスリートにとっては致命的な症状が出るそうです。

 

三原舞依選手のように

「膝や足首に負担のかかるフィギュア選手」がこの病気にかかると

 

患部を休ませることが難しい為、完治させるのも困難とされています。

 

痛み止めや炎症を抑える薬などを使いながら

「上手に付き合っていくしかない病気」とも言えますね。

 

実際、三原舞依選手もこの難病のせいで

数か月の入院生活&リハビリ生活を送っていました。

 

入院するほどだと分かった時は、おそらく三原舞依選手も

そして周囲の人もショックではあったでしょうけど

 

今考えてみれば

「平昌五輪を目指せる時期に復帰出来た」

というのは不幸中の幸いででしたね(^^;

 

スポンサーリンク

難病克服・三原舞依 VS 引退危機・浅田真央「平昌代表はどうなる?」

 

「ポスト浅田真央」と言われる三原舞依選手の衝撃シニアデビューで

ますます分からなくなるのが2018年平昌五輪の代表選考。

 

昨シーズン(2015-2016)のランキングを見ると

女子フィギュアの上位は・・・

宮原知子

本郷理華

浅田真央

村上佳菜子

本田真凛

 

という順序になっています。

 

日本女子の出場枠がいくつになるかは来年春(2017)の

世界フィギュアでの活躍次第なのですが

 

最大数の3枠を獲得出来るとなると

今回、難病克服して平昌五輪出場に名乗りを上げた

三原舞依選手も可能性が出てくるんですよね。

 

経験&実績ともに申し分なく、現在当落線上にいる浅田真央選手。

 

現在行われている今シーズンのグランプリシリーズで

三原舞依選手が浅田真央選手を上回り

「グランプリファイナル出場&世界選手権代表入り」

なんてことになると・・・

 

三原舞依選手がオリンピック初出場

浅田真央選手がオリンピック代表落選で引退

 

なんてこともあり得るのです💦

 

どんな世界でも「世代交代」はあるのですが

 

難病克服して将来が期待される三原舞依選手

長い間、日本の女子フィギュアを引っ張ってきた浅田真央選手

 

どちらかを選ばなくてはならない・・・という

そんな状況になるのは胸が痛みますね。

↑選考委員でもないけどね(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ・感想「三原舞依&鈴木明子、病気克服選手は強くなる」

2014年に29歳という年齢で現役引退した鈴木明子選手が

「摂食障害」という食べられない病気を克服して活躍したことは有名ですが

 

病気克服後の世界舞台での活躍は、多くのファンが知ってるとおりです。

 

今回、年齢的にも「これから!」という楽しみな時期に

「若年性特発性関節炎」という難病を患った三原舞依選手も

 

病気克服を結果で証明することが出来ましたから

ますます「2018年平昌五輪」に向けて強くなるのではないでしょうか。

 

 

今後の三原舞依選手の活躍と、女子フィギュアのオリンピック代表争い

ますます楽しみになってきましたね(^_-)-☆