サンフレッチェ広島所属で日本代表にも選出したことがある千葉和彦選手。

そんな千葉和彦選手から、ドーピング検査で

メチルヘキサンアミンという禁止成分が検出され出場停止処分

を受けたことが話題になってます。

 

今回は、千葉和彦選手についてプロフィールや経歴

そして

ドーピング検査で検出されたメチルヘキサンアミンについて

調べてみました!

 

「ドーピング違反で出場停止処分」の千葉和彦プロフィール&経歴は?

北海道出身の千葉和彦選手。

1985年6月21日生まれで現在31歳。

千葉和彦選手のプロフィール&経歴で一番目を引くのは

プロ入りは日本より先に海外でしていたということです。

 

18歳の時にオランダのプロリーグにアマチュア契約により入団。

その後、二十歳の時に練習生として参加していたアルビレックス新潟で

のちにオリンピック日本代表監督となる反町康治監督にスカウトされ

Jリーグアルビレックス新潟に入団。

「海外から逆輸入された選手」として話題になりました。

 

2012年に現在所属のサンフレッチェ広島に入団後は

2013年に東アジアカップでサッカー日本代表にも選ばれていたんですね💦

 

え?代表で千葉和彦選手見たことない・・・

 

そんな人が多くても当然です(^^;

 

この時の代表は海外で活躍する選手は招集されず

国内組だけが集められ、注目度がいまいち・・・の代表でした。

 

若干、千葉和彦選手のドーピングに関連して

気になる過去見つけました。

 

2007年、今から9年ほど前に千葉和彦選手が

ドーピングの禁止薬物「ステロイド系」成分が含まれた塗り薬を使用し

活動自粛の処分を受けていたとのこと。

 

その後「適切に使えば問題のない薬」「ドーピング検査は陰性だった」

という判断で活動再開に至ったとのことです。

 

千葉和彦選手が、ドーピング違反の禁止成分に関する認識の甘さや

度々誤解を受けてしまうのも

 

「海外での選手生活」が影響してるのかなという気が若干しますね。

スポンサーリンク

千葉和彦から検出されたドーピング成分「メチルヘキサンアミン」はサプリメント?

千葉和彦さんのドーピング検査で検出された

「メチルヘキサンアミン」とはどんな成分なのでしょうか?

 

メチルヘキサンアミンの効果は

「興奮作用でテンションが上がる」「脂肪燃焼を促す作用」など

スポーツ選手やアスリートに有効な成分ともいえます。

 

メチルヘキサンアミンがドーピング違反の禁止成分だということは

プロのアスリートである千葉和彦選手がしらないはずがないでしょう。

 

それならば、なぜ

メチルヘキサンアミンが千葉和彦選手から検出されたのでしょうか?

 

「意図的にメチルヘキサンアミンを摂取したことはない」という

千葉和彦選手の言葉は「おそらく」真実です。

 

可能性として一番高いのは

「無意識にメチルヘキサンアミンが含まれたものを常用していた」

ということですね。

 

この「無意識にメチルヘキサンアミンを摂取してしまう」理由は

2つの大きな要因があります。

 

一つ目は

サプリメントに含まれていることが多い成分ということ。

 

二つ目は

メチルヘキサンアミンの別名が複数存在するということ。

 

ゼラニウム根エキス、ジメチルアミルアミン、2-アミノ4-メチルヘキサン、ホルタン…

基本的に全部おなじ物質のことです。

引用:http://dope-zero.com/dsap/blog/%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%98%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

 

そういった理由で、千葉和彦選手の「故意に選手したことはない」

という発言につながったのだと思いますね。

 

そう信じたい・・・。

スポンサーリンク

まとめ・感想

 

千葉和彦選手が受けた処分「暫定資格停止」は

「ドーピングの疑惑があるため結果が確定するまでのとりあえずの処分」

ということのようですね。

 

サッカーファンやサンフレッチェ広島のサポーターにとっては

とても残念なニュースでしょうけど

 

千葉和彦選手自身が「身に覚えがない」として

再検査や聴聞会(公式な事情聴取)の開催を希望しているとのことなので

 

「故意のドーピング違反ではない」と信じて見守りたいと思います(^_-)-☆