清水富美加さんが過去にエッセーで明かした「ぺふぺふ病」が

話題になっています。

 

芸能界引退や出家を決意した理由として

「毎日がギリギリの状態だった」と明かしていたことや

 

幸福の科学の関係者が

「生命の危険があるとしてドクターストップがかかった」

というコメントをしていることから

 

清水富美加さんがエッセーで告白していた「ぺふぺふ病」は

精神的な病気を指しているものと想像されます。

 

今回は、清水富美加さんが明かしたぺふぺふ病について

  • ぺふぺふ病はどんな病気?症状は?
  • ぺふぺふ病の正式な病名はうつ病?無気力症候群?

について情報をまとめてみました!

 

清水富美加「ぺふぺふ病」はどんな病気?症状は?

 

清水富美加さんが過去にエッセー「ふみかふみ」」で

ぺふぺふ病であること明かしていたとのこと。

 

多くの人が

「ぺふぺふ病ってどんな病気なんだ?」

「本当にそんな名前の病気があるのか?」

と疑問に思ったことでしょう。

 

気になって情報を探してみたのですが

「ぺふぺふ病」という名前の正式な病名はないようです。

 

病気の症状を表現した「造語」である可能性が高いですが

清水富美加さんが独自に表現した言葉というわけでもないようですね。

 

精神科の治療に詳しいと思われる人物の解説で

「ぺふぺふ病は感情の起伏がない、無気力といった症状が出る」

という情報がネットに転がっていました。

 

「医師の見解」として確認されたわけではないので信憑性は不明ですが

 

一連の騒動に対して清水富美加さんが

「仕事の内容に心がおいつかない部分があった」

「毎日がギリギリの状態だった」

とコメントをしていたことから見ても

 

ぺふぺふ病は精神的な「心の病」を表すのは間違いなさそうです。

 

 

次の項では・・・「症状」から考える

ぺふぺふ病に近い正式な病名について考えてみます。

 

スポンサーリンク

清水富美加「ギリギリの状態」から考える正式な病名はうつ病&無気力症候群?

ぺふぺふ病が正式な病名ではないとなると

正式な病名が何なのか?が気になるところですよね。

 

清水富美加さんが引退・出家直前に

幸福の科学の関連病院で診察を受けたと思われることから

 

「生命の危険もありドクターストップ」

という診断の信ぴょう性に若干疑いもあるのですが・・・

 

清水富美加さんがツイッターで

「ギリギリの状態」「誰か気づいて」

と表現したことが引っかかります。

 

前項で紹介した「ぺふぺふ病の症状」や

「清水富美加の発言」から考えられる正式な病名は

「うつ病」または「無気力症候群」が近いと思われます。

 

「うつ病」と「無気力症候群」に共通する症状を調べてみると

  • 感情の起伏がない無気力

というのが挙げられます。

 

また、うつ病は「無気力症候群」より深刻な状態で

  • 強度の不安や落ち込み
  • 食欲不振や不眠

などが続き深刻な心理状態になることもあります。

 

清水富美加さんにとっては

「この深刻な精神状態から救ってくれたのは幸福の科学」

という認識であると思われ

 

良くも悪くも「よりどころがあった」ことから

追い詰められて自ら命を・・・

というような状態にはなりませんでしたが

 

「清水富美加さん本人が選択した道」であっても

精神的に弱った状態で、すべてを捨てて出家を選んでしまったことに

 

「本当に幸せになる道なのか?」とう疑問が残ります。

 

スポンサーリンク

まとめ・感想

清水富美加さんの「ぺふぺふ病」が精神的病を指すのであれば

 

「精神的に弱っているところに幸福の科学につけこまれたのでは?」

という印象がぬぐえません。

 

清水富美加さんの現在がどんな状態であるのか?

本当の症状や病状はわかりませんが

 

幸福の科学とは全く関連のない「一般の病院」で

診察&治療を受けことが一番だと思うのですが・・・

 

教団に囲われてしまった今となっては

それも難しいのかもしれません。