MEN’S NON-NO(メンズノンノ)の10月号で

モデルデビューする「宮沢氷魚」さんが話題になってます!

「かっこいい!」「そっくり!」「激似!」という理由で。

 

そうなんです。

メンズノンノでデビューする宮沢氷魚さん。

父親は、元THE BOOMのボーカル

宮沢和史さんなんですね!

 

宮沢氷魚さんと、お父さんの宮沢和志さん。

写真比べると・・・

目元、そっくりです(笑)

 

スポンサーリンク

201412月に解散した「THE BOOM」

 

 

宮沢氷魚さんの父親、宮沢和史さんが

ギター&ボーカルを務めた「THE BOOM」

 

渋谷の歩行者天国(ホコ天)からバンド活動を開始した

「ホコ天出身バンド」だったんですね。

 

その後、大手レコード会社「ソニー」の

オーディションを経てメジャーデビューしました。

 

THE BOOMの代表曲には

「島唄」「星のラブレター」「風になりたい」

などがありますが、なんといっても

 

THE BOOMの代名詞的な代表曲は「島唄」でしょう。

THE BOOMや宮沢和志をしらない世代でも

「島唄」のメロディーを聞いたら

あ~~~この歌知ってる!となるはずです(^^;

 

そして、この「島唄」の凄いところは

日本国内だけのブームだけでなく

海外でもカバーされ「大ヒット」しているんですね。

 

特に「アルゼンチン」での大ヒットは大きな話題になり

日本でも大きく報道されました。

2002年、日韓共同開催された
サッカーワールドカップでは

南米ペルーやアルゼンチンなど、複数の国で

テレビ局のテーマソングや、公式応援ソングとして

「島唄」が使われたようです。凄いですね(^^;

 

日本の歌が、海外でも多くの人に受け入れられ

そして、言葉も分からない外国人が

日本の歌を口ずさんでる

 

とても、不思議な感覚と共に

日本人として誇らしくもあります♪

「美しいメロディーは国境を超える」んですね(^_-)-☆

 

★THE BOOM宮沢和志とアルゼンチンのアルフレド・カセーロ

ふたりのコラボレーション「島唄」動画はこちら

 

スポンサーリンク

何度かの「活動休止期間」がありながらも

デビュー25周年である2014年まで

デビュー当時のメンバーそのままで活動をしてきた

THE BOOMですが、惜しまれつつも解散。

宮沢氷魚さんの父親、宮沢和志さんも

ソロの弾き語りツアーや

他のアーティストへの楽曲提供などで

精力的に活動をしているようです。

まとめ

 

メンズノンノでモデルとしてデビューする宮沢氷魚さん。

父親が、「人気バンドTHE BOOMの宮沢和志」

ということで、デビュー前から注目を集めることになりました。

本人の心情的?にはどうなんでしょうか。

「親の七光り」なんて声も出てくるかもしれません。

しかし、メンズノンノでモデルデビュー出来たのは

THE BOOM宮沢和志の息子だったから

ではないはずです。

そして、今後この「モデルデビュー」をきっかけに

どのように飛躍していくかも、宮沢氷魚さん次第です。

父親のお陰で話題になったことを「ラッキー」と考え

是非、大きく成長してほしいなと、思いますね(^_-)-☆