本日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」

「ダンディー&二枚目」な俳優

長谷川初範さんが出演し話題になってます!

 

Sponsored Link

 

ウルトラマン80の「矢的猛」役や

101回目のプロポーズの「武田鉄矢の恋敵」役

などでむ同じみの俳優・長谷川初範さん。

 

そんな長谷川初範さんが

「徹子の部屋」出演で明かした

 

「溺愛する一人息子」とのエピソードや

長谷川初範さん自身の「知られざる一面」の数々

 

などを紹介します!

 

世間のイメージ的に長谷川初範さんは

「家庭のにおいを感じさせない」

という感じだったので
ウルトラマン=イクメン

が結びつかず意外でした(^^;

 

ウルトラマン「長谷川初範」は超イクメンだった!

 

 

普段、世間からは

「全く生活感がない」と言われることが多い

という俳優・長谷川初範さん。

 

しかし、長谷川初範さんの一人息子である

お子さんが生まれる前には

区役所で行われる「育児教室」にも通い

「授乳」や「沐浴」を実際に学ぶなど

 

育児にも積極的に関わる

「イクメン」だったそうです。

 

「僕もちゃんと生活してるんですけどね」

と言いながら笑っていました(^^;

 

 

息子に「ウルトラマン」を否定される?!

 

産まれた時から積極的に育児に関わり

「一人息子であるお子さんを、とても可愛がって来た」

という長谷川初範さん。

 

ある日、息子さんが友達から

「お父さんが出ていたウルトラマン80のビデオ」

を借りてきて自宅で見ていたそうです。

 

そんなお子さんに、長谷川初範さんは

「子供の夢を壊しちゃいけない!」

とでも思ったのでしょうか(^^;

 

「このお兄さん、パパに似てるよね~」

と自ら言ってみたそうです(笑)

「似てるけど違う」という流れに

したかったようですね。

 

しかし、息子さんの反応は

「ぜんぜん似てない!このお兄さんの方がカッコイイ!」

と言って完全否定されたそうです(笑)

 

「ばれなくてよかった・・・」

と思う反面、

「ちょっと複雑な心境」

でもあったようですね(^^;

 

 

二十年苦しんだ「喘息」

 

 

20代で俳優になった長谷川初範さん。

 

俳優になったから「20年間」という長い期間

「喘息」という持病に苦しみ

思ったような「発声」が出来ず

とても苦しんだようです。

 

しかし、ある日

長谷川初範さんの「喘息」の症状に

ピッタリとあう「ステロイドの新薬」が出て

喘息の発作を抑えられるようになったとか。

 

それからは、50代から

「歌」を趣味程度で始めたのをきっかけに

シェイクスピアなどの

ミュージカルの舞台に出演するまでになるなど

俳優としての活動の舞台を

広げられるようになったそうです。

 

50歳を過ぎて

「歌」や「ミュージカル」など

新しい事に挑戦をし

60歳を迎えた今

「生きているのがこんなに楽しい!」

と語っていました♪

良い言葉ですね(^_-)-☆

 

まとめ

 

やはり

ドラマや映画などを通してだけでは

俳優さんの「本当の姿」は

なかなか分からないものですね(^^;

 

今回の「徹子の部屋」出演を通して

「生活感がない」と言われた

俳優・長谷川初範さんの

「息子さんとの微笑ましいエピソード」

を知る事ができ「親近感」を感じましたね!

 

今年60歳の「還暦」を迎えたという

俳優・長谷川初範さん。

 

これからも健康に気を付けて

ますます

「ダンディー&二枚目の素敵な俳優」

 

として活躍をしてほしいと思いますね(^_-)-☆

 

☆長谷川初範さんのエピソード満載!

幼い頃の「一人息子」も紹介された

「誰だって波乱爆笑」出演時の動画はこちら