日本や韓国をはじめとする

多くの「アジア出身の選手」が

海を渡り活躍するようになった

アメリカ・メジャーリーグ(大リーグ)

 

そんな中で

アジアの選手の多くが犠牲になっている

「併殺崩し」のラフプレーについて

日本や韓国のみならず

アメリカでも大きな話題になっています!

 

 

「併殺崩し」とは一体どんなプレーなのか?

また

「併殺崩し」の犠牲になったアジアの選手とは?

 

について調べました!

 

「併殺崩し」アジアとアメリカの認識の違い

 

 

野球には「併殺崩し」と言われるプレーが存在します。

「ダブルプレー」というのは

少しでも野球を知っている方なら

聞いたことがあるでしょう。

 

例えば

ノーアウトやワンアウトの場面。

一塁にランナーがいたとします。

その場面で、打者は内野ゴロを打ったとします。

 

ゴロを取った内野手は、まず

二塁に送球して一塁ランナーをアウトにし

その後

二塁でボールを受けた野手は

一塁に送球し打者をアウトにします。

 

一度に2人の選手をアウトにすること

ダブルプレー」または「併殺」です。

 

攻撃する方の立場からしたら

「せめて一人でも生き残ろう」

とするわけですね。

 

その為の作戦としてあるのが

「併殺崩し」というものです。

 

二塁から一塁への送球を

「ルールの範囲内で妨害」することが

「併殺崩し」と言われるプレーです。

 

もともと、一塁ランナーとしていた選手が

「せめてゴロを打った打者が
アウトになるのを防ごう」と

野手が一塁へ送球するのを妨害するような

激しいスライディングなどをします。

 

今回、「併殺崩し」が話題になった切っ掛けは

メジャーリーグ・ピッツバーグパイレーツで活躍する

韓国出身のカンジョンホ選手が

この「併殺崩し」の大きな犠牲になったからです。

 

このカンジョンホ選手。

韓国プロ野球界の大スターで

今年、メジャー1年目の内野手の選手です。

「アジアの内野手は成功するのが難しい」

と言われるメジャーリーグで

 

現在、新人王候補に挙がるほどの

活躍をこれまでしていたカンジョンホ選手

 

しかし

17日に行われた対シカゴ・カブス戦で

この「併殺崩し」の犠牲になってしまいました。

 

左足に「故意では?」と思われるほどの

強烈なスライディングを受け

靱帯損傷&骨折という大けがを負いました。

 

全治6~8ヶ月という残念過ぎるニュースに

カンジョンホ選手の母国「韓国」でも

落胆が広がっています。

 

メジャーリーグでは

「この程度は当然のプレー」

という認識ですが

日本や韓国など「アジア」では

「非難されるべきラフプレー」

という認識の為

有り得ないと無意識におもっている
プレーに対する対策不足

が要因の1つであるようです。

 

スポンサーリンク

併殺崩しの犠牲になったアジアの選手達

 

 

今回の「併殺崩し」論争の切っ掛けになった

韓国出身・カンジョンホ選手の大けが。

このカンジョンホ選手に

「強烈なスライディングタックル」をして

怪我を負わせてしまったのが

メジャーリーグ・シカゴカブスの

クリス・コグラン外野手なんですね。

 

実は、このクリス・コグラン選手。

過去にも同じようなスライディングで

アジア出身の選手に大けがを負わせています。

 

その選手というのが

元ヤクルトスワローズで

その後メジャーに渡った

岩村明憲選手です。

岩村選手は「靱帯損傷」をしたものの

今回のカンジョンホ選手にくらべると

比較的軽傷だった為

二ヶ月程度で試合復帰出来たようです。

 

他には現在

阪神タイガースで活躍する西岡剛選手も

メジャーリーグ・ミネストツインズ時代に

対ヤンキース戦で同じように「二塁上」で

併殺崩しのスライディングを受け

左足を骨折により負傷。

約二ヶ月半

試合から離れることとなりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回のような「併殺崩し」の

激しいスライディングプレー。

 

日本や韓国では、まだまだ

「ありえない」

と思われているプレーではあります。

 

しかし、今回の負傷に対して

大けがをしたカンジョンホ選手は

「危険なプレーではあったが

 必然的なプレーだった。

 故意ではないと確信している」

とクリス・コグラン選手を擁護する

コメントを出しています。

 

ショックではあったでしょうが

「メジャーはこのようなところ」と受け入れ

また、相手選手を気遣うコメントを出した

カンジョンホ選手。

 

「カッコイイな」と思いましたね。

 

一日も早く回復して

来シーズンの開幕では

元気に復帰してくれることを願います(^_-)-☆