*

吉田栄作の現在と過去「嫁・平子理沙」と離婚間近?!

公開日: : 芸能

過去には、人気ドラマ

「もう誰も愛さない」「クリスマスイブ」

「徹底的に愛は・・・」など

数多くのトレンディードラマに出演し

織田裕二さん、加勢大周さんらと共に
イケメン人気トレンディー俳優
と言われていた吉田栄作さん。

 

Sponsored Link


 

 

現在は俳優として

単発のテレビドラマや映画・舞台など

ほそぼそとこなしている吉田栄作さんですが

過去の栄光?!

とくらべてかなり寂しくなってしまい

ほとんど話題にあがらない本業とは裏腹に・・・

 

最近は女優?モデル?どっちなのか不明な

加賀美セイラさんとの不倫疑惑

大きな話題になりました!

 

そんな吉田栄作さんの

★過去に出演した人気ドラマ
★離婚が心配される嫁・平子理沙との現在

 

などについてまとめました!

 

 

吉田栄作「織田裕二」と肩を並べてた?!過去

 

ナイスガイ・コンテストでのグランプリが切っ掛けで

1988年に俳優デビューをした吉田栄作さん。

 

当時は阿部寛さんや風間トオルさんなど

モデル出身のイケメン俳優が全盛の頃でした。

 

そんな中で、誰もが知る織田裕二さんや

今は懐かしい?加勢大周さんと共に

「人気トレンディー俳優&平成御三家」

などと言われ、かなりの人気だったんですね。

 

主な出演ドラマとしては

 

★もう誰も愛さない

★クリスマス・イブ

★徹底的に愛は・・・

 

などがありますが、中でも

 

「もう誰も愛さない」での演技は

「ただの顔だけの人気俳優」

という俳優・吉田栄作の評価を覆す

作品となりました。

 

また「クリスマス・イブ」

そして「徹底的に愛は・・・」では

人気女優・仙道敦子さんと共演し話題でした。

 

当時・仙道敦子さんと吉田栄作さん・・・

「付き合ってるんじゃないか?」なんて

熱愛の噂も上がっていたんですけどね。

 

まったく違いました(笑)

 

仙道敦子さんは、後に

こちらも人気俳優・緒方直人さんと結婚して

「ほぼ専業主婦」みたいになりましたからね。

 

吉田栄作さんと仙道敦子さんに

「熱愛」の噂が挙がったのも、やはり

ドラマ「クリスマス・イブ」出演の影響が

大きいのでは・・・と思います。

 

若い世代の方達は

このドラマ自体は記憶にないでしょうけど

 

主題歌だった辛島美登里さんが歌う

「サイレント・イヴ」なら

知ってるんじゃないでしょうか。

 

今も尚「定番クリスマスソング」として

人気ですよね。

 

今年も

クリスマスの時期が近づいて来てるので

これから幾度となく

辛島美登里さんの「サイレント・イヴ」

耳にすることになるでしょう(^_-)-☆

 

★クリスマスソングの定番、辛島美登里の
サイレント・イヴの動画はこちら

 

 

 

 

吉田栄作「現在も浮気継続」で嫁・平子理沙と離婚危機?!

 
結論・・・から言ってしまうと

吉田栄作さんと嫁・平子理沙さんの離婚は

無いんじゃないでしょうかね(^^;

そもそも、この二人。

 

結婚当初から

「車で五分の距離」に別々に住む

「別居婚」で始まったおかしな夫婦なんですね。

 

「別居婚のせいで・・・」なのかは分かりませんけど

お子さんもいらっしゃらないようですし。

それでいて、離婚はせずに夫婦関係を維持してる。

 

先日の

吉田栄作さんと加賀美セイラさんの

不倫スキャンダル。

 

嫁である平子理沙さんの

「あ~そうなんですか?気にもとめてません」

という、あまりにもドライすぎる反応に

少々ビックリ&違和感を覚えましたが

 

調べてみたら・・・

平子理沙さん自身に度々

俳優・村井克行さんとの

不倫密会スキャンダルが挙がっていたんですね。

 

お互いに「スキャンダル」が挙がりながらも

何故か、離婚せず夫婦関係を維持する理由。

 

勝手な想像ですけど

「お互いに離婚することのデメリットが大きい」

ということじゃないでしょうか(^^;

 

吉田栄作さん&平子理沙さん。

どちらの「不倫」が離婚の原因になっても

「不倫で離婚」は芸能人として

イメージダウンは避けられませんよね。

ただでさえ、嫁の平子理沙さんにくらべて

仕事が少ない吉田栄作さんが

18歳も下の加賀美セイラさんとの

不倫が原因で離婚

なんてことになったら

「致命傷」になりかねませんしね。

 

平子理沙さん自身も、現在は

20代のような40代である

「ミセスな美魔女」として

ファッション・スタイル・美貌・生き方

などが

同年代の女性からの支持を集めているわけで

 

「不倫が原因で離婚」

なんてことになれば

こちらも確実に「イメージダウン」

でしょうからね(^^;

 

そんなこんなで

「お互いに不倫スキャンダル」がありながらも

利害関係が一致して

お互いに目をつぶった・・・

ということじゃないでしょうか。

 

まぁ、吉田栄作さんが不倫して

「浮気相手に子供が出来た!」

なんてことがない限り?

離婚はないと思います。

勝手な想像ですけどね(爆)

 

 

 

まとめ

 

 

私自身、吉田栄作さんと出身地が近かったこともあり

学生時代には、度々外で遊び歩いていると

「俺、吉田栄作と知り合いだぜ~会わせてあげるよ」

という文句でナンパをする

「自称・吉田栄作の友達」に

幾度となく出くわしました(^^;

 

そんな風に

世間で度々名前を使われてしまうほど

過去の吉田栄作さん、凄い人気だったんですよ(^^;

 

まぁ、私は

「吉田栄作」より「加勢大周」ですけどね(笑)

 

とにもかくにも・・・吉田栄作さん。

もう、いい歳した「おっさん」なんですから

若い子に現を抜かしてる暇があったら

嫁・平子理沙さんに愛想つかされて

離婚・・・なんてことにならないように

世間から「ヒモ亭主」なんて言われないように

本業の「俳優」として話題になってくださいね!

まぁ、大きなお世話でしょうけどね(爆)

関連記事

no image

アンタッチャブル柴田に驚きの「逮捕歴」の過去が!活動休止本当の理由は?

10月9日放送のフジテレビ 「ダウンタウンなう」2時間スペシャルで  

記事を読む

no image

加藤晴彦に40万円払わせた吉本芸人は「元ジャリズムのオモロー山下疑惑」炎上でまさかのブレイクか?!

元ジャリズム・オモロ―山下が大炎上!でまさかのブレイクか?!   加藤晴彦さん

記事を読む

no image

反町隆史が水谷豊の相棒に!4代目相棒まで引き継がれる名前の秘密とは?

テレビ朝日系の人気シリーズドラマ 水谷豊さん主演の「相棒season14」が 10月から

記事を読む

no image

井ノ原快彦がアブラムシに苦戦?!もV6のファンに救われる

ジャニーズ事務所の 数少ない「既婚者」組のひとりである V6のイノッチこと・井ノ

記事を読む

no image

子役・山崎光の演技が話題!「真夏の方程式」出演

  3月26日フジテレビで放送された映画 「真夏の方程式」に出演している天才子

記事を読む

no image

石井竜也の浮気相手、今後どんな行動に出るか?!週刊誌暴露で泥沼離婚に?

今年に入って、立て続けに報道されている 芸能人のゲス浮気&ゲス不倫。  

記事を読む

no image

ベッキー「次の文春砲」って何?「タレント生命を脅かす出来事」とは?まだあるのかよ(爆)

芸能リポーター・井上幸三さんが、超不気味な意味深予告 「週刊文春は、ベッキーのタレント生命を左

記事を読む

takeda1

武田真一アナのコスプレ画像が可愛すぎる!かつら疑惑の真相は?!

NHKの癒し系「武田真一アナ」の吸血鬼コスプレ画像が可愛い!と 話題になってますね♪ &

記事を読む

no image

ゲス極・川谷絵音の元嫁は「妊娠中」の噂は本当か?!ベッキーに慰謝料請求の可能性は?

ベッキーとの泥沼不倫騒動が原因で 元嫁との離婚が成立したゲスの極み乙女。川谷絵音。 川谷

記事を読む

no image

夏目三久の妊娠は本当?相手は誰?有吉弘行との熱愛説はガセだった!

夏目三久アナウンサーと有吉弘行さんの「熱愛&妊娠」報道を 日刊スポーツが報じて多くの人が衝撃を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



no image
カルロスゴーンの社長退任理由は?世間の反応をまとめてみた!

日産の象徴&自動車業界の顔ともいえるカルロスゴーンさんの 「日産

no image
清水健の退社理由は堺市長選出馬だった?過去の発言を振り返ってみた!

元読売テレビアナウンサーの清水健さんが大阪・堺市長選挙に出馬する

no image
林昌勇(イムチャンヨン)の現在は?嫁との離婚理由&再婚の噂についてまとめてみた!

韓国のプロ野球選手・林昌勇(イムチャンヨン)選手が沖縄で 「無免

no image
李在鎔(イジェヨン)の離婚理由&父親・李健煕(イゴンヒ)の衝撃スキャンダルとは?!

韓国の財閥「サムスングループ」の副会長・李在鎔(イジェヨン)が

no image
清水富美加「事務所レプロはブラック」説も名誉棄損?!月収5万のカラクリとは?

清水富美加さんの出家&事務所移籍騒動で注目を集めている レプロエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑