現在、台湾&日本で開催されている

世界野球WBSCプレミア12

準決勝で今大会2度目の対戦となった日韓戦で

「悪夢の敗戦」のショックが冷めやらぬ今日。

 

侍JAPANである日本代表選手達の

「世界に恥をさらすみっともないスキャンダル」

が明らかになってしまいました。

 

「自覚が足りない!」

「こんなことしてるから負けるんだ!」

なんて声が聞こえてきそうな、このスキャンダル。

 

「日本野球の人気が高い」

と言われている台湾でも、大々的に報道され

とんだ恥をさらすことになってしまったようです。

 

今回の世界野球WBSCプレミア12

侍JAPANのメンバーである巨人・坂本勇人選手をはじめ

中日・大野雄大選手、西武・秋山翔吾選手

そして、来シーズンから

メジャーリーグ挑戦が予想される広島・前田健太選手が

羽目を外し過ぎた?台湾での夜遊び

について紹介します。

 

スポンサーリンク

侍JAPANの4人が台湾の夜を満喫?!

 

 

台湾で12日に行われた日本対ドミニカ戦。

試合後の夜。

侍JAPANのメンバーである

巨人・坂本勇人選手、広島・前田健太選手

中日・大野雄大選手、西武・秋山翔吾選手らが

夜の街にくりだし、台湾で有名な料亭に

「食事」に出かけたようなんですね。

「食事」だけなら良かったんですけどね(爆)

台湾では、日本野球の人気が高い

ということもあって

ホテルのロビーや、料亭の前にも

多くの台湾の女性ファンが押し寄せていたとか。

 

それほどの人気ですから

当然、現地の報道陣も待ち伏せしていました。

 

そんな中、料亭での

楽しい食事の時間を過ごした選手達は

宿舎には戻らず「二次会」で

台湾の「ナイトクラブ」に向かった とのこと。

 

店側の配慮?なのかなんなのか・・・

 

セクシーな衣装に身を包んだ

「台湾の美女達」に手厚くもてなされ

お酒の力もあって気分が最高潮?!

になってしまった彼らの「大失態」が

台湾・現地のテレビで

大きく報道され騒動になったようです(^^;

 

★ 台湾現地で報道された内容の

動画リンクこちら

 

スポンサーリンク

巨人・坂本勇人、台湾の路上でタバコポイ捨て

 

 

日本での野球ファン&女性人気同様

台湾の日本野球ファンにも人気の

巨人・坂本勇人選手。

 

「巨人軍たるもの紳士であれ」は

海外では無効のようです(^^;

 

ナイトクラブで台湾美女と

楽しいひと時を過ごした坂本勇人選手。

 

店を出た後、吸っていたタバコを

路上にポイ捨てした姿が

現地のテレビカメラにバッチリ

とらえられてしまったようです。

 

台湾の人達だけでなく海外の人達からは

「日本人はポイ捨てをしない。

綺麗好きでマナーがある」

という印象を多く持たれています。

 

そんな中で、今回の坂本勇人選手の

「台湾の路上にタバコポイ捨て」は

現地・台湾の人達に

大きな失望を与えてしまったようです。

 

 

中日・大野雄大は酔っ払って大暴れ

 

 

侍JAPANのメンバーと台湾美女達で

「楽しい台湾の夜」

を過ごした中日・大野雄大選手。

 

ナイトクラブを出た頃には

ペロンベロンに酔っぱらっていたとか。

「酒に飲まれてしまった・・・」というやつです。

 

店の前で、お叫びをあげたり

ぐるぐるぐるぐる・・・回ったり(爆)

持っていたお酒を、路上にばらまいたり・・・

もう、言葉が出ないですね(^^;

 

なんだか昔、スマップの草彅さんが

酔っ払って深夜の公園で・・・

っていう事件あったじゃないですか。

あれを思い出してしまいましたね。

まぁ・・・

服を脱がなかっただけよかったです(爆)

 

スポンサーリンク

広島・前田健太&西武・秋山翔吾は女の子を・・・

 

 

一緒にナイトクラブに来た他のメンバーより

少し早く店を出たという

広島・前田健太&西武・秋山翔吾の両選手。

 

取材に行った日本の記者が店員に

前田健太&秋山翔吾両選手の

行き先を取材すると・・・

 

「質問の意図」を

理解してるのか、いないのか・・・

 

何か知っているような「怪しい笑顔」で

ごまかされた?とか(笑)

 

質問の意図・・・とは

単刀直入で言うと

「お店の女の子をお持ち帰り
女の子と一緒に3次会に行ったのか?」

という確認です(爆)

真相は不明・・・ですが

「まっすぐ宿舎に帰った」

信じたいですね(^^;

 

 

まとめ

 

 

この騒動を通して感じた事。

今回の侍JAPANのメンバーは

ユニフォームに日の丸がついてるわけで

間違いなく「日本代表」として

出場したはずですよね。

 

でも、残念ながら選手の中には

「日本代表として国を背負って戦う」

ということを忘れてしまってる選手もいて

 

選手それぞれに

「日本代表に対する気持ちに温度差がある」

と感じてしまいました。

 

2度の韓国戦で奮闘した大谷翔平選手。

彼は、大会直前の代表キャンプの時でも

同じチームの先輩やコーチの

「食事の誘い」でさえ

「調整を優先したい」と断ったそうです。

 

「外に食事に出かけるな」
とまでは思いません。

 

しかし、大会期間中であるのだから

侍JAPAN=国家代表

という自覚があるのならば

今回のような

ナイトクラブでの夜遊びは

控えるべきだったのでは・・・?

と思いますね。

 

野球の実力は

韓国より日本が勝っているかもしれませんが

国家代表に対する気持ちの強さは

完全に韓国が勝っていた

と言わざるを得ません。

 

とにもかくにも

侍JAPANのメンバーの

こんな姿が現地のテレビで報道されたのは

恥ずかしくたまりません・・・。