「昭和の爆笑王」との異名を持ち

1993年に自殺を図り亡くなった

上方落語の人気落語家

故・桂枝雀(かつらしじゃく)さんの

長男・桂りょうばさんが落語家デビューし

話題になっています!

 

落語界「桂一門のサラブレッド」として

今後、ますます注目を集めそうな

桂りょうばさんについて

気になる「結婚してるのか?」などの

プロフィールや経歴などと共に

桂りょうばさんが、過去に

テレビに出演した時の動画など

紹介します!

 

Sponsored Link

 

桂りょうばの経歴&プロフィール「結婚は?」

 

桂りょうば(本名・前田一知)は、1972年3月3日

ひな祭りに生まれた、現在43歳。

 

「昭和の爆笑王」と言われ

上方落語の人気者だった

2代目・桂枝雀(かつら枝雀)の長男。

兄弟は、弟が1人で5歳下の前田一史。

 

気になる結婚は・・・

現在はまだ独身のようです。

 

検索しまくりましたが

桂りょうばさんが結婚しているという

形跡が見つかりませんでした(^^;

 

桂一門のざこば師匠に弟子入りして間もなく

下積みをしながらデビューして間もないので

まだ当分は、結婚は無いでしょう。

 

桂りょうばさんは、小さい頃から

人気落語家である父親の背中を見て育った為

自然に「落語がか体に染みついていた」そうです。

 

父親の枝雀さんは常に「落語」の事を

考えていている「落語バカ」で

いつでもどこでも、ところかまわず

幼い頃の桂りょうばさんに対して

落語を聞かせていたそうです。

 

電車の中など、人の多い場所では

小さな声で話始めるものの

段々熱を帯びて、しまいには

大声になってしまい

少し恥ずかしい思いもしたという

幼い頃の桂りょうばさん。

 

一番身近に、これ以上ない最高の師匠

がいたわけですから、当然そのまま

落語家の道に行くつもりでいたそうです。

 

しかし、意外なことに

父親の枝雀さん自身が、大反対。
当時、思春期だった桂りょうばさんは

音楽に興味を持ち始めたこともあり

音楽の世界でプロを目指し始めたそうです。

 

そんな中、落語界を背負って

人知れず、多くの苦悩があったのでしょう。

 

長年、「うつ病」を患っていた父親である

2代目・桂枝雀さんが自殺で亡くなりました。

 

父親の死から数年後。

アマチュア落語家として

父親と同じ「落語家」の道に

戻って来た桂りょうばさん。

 

そして、ついに

父親と同じ土俵に上がるべく

今年の夏には

桂一門の「桂ざこば師匠」に弟子入りし

プロの落語家デビューを果たしました。

 

落語の世界は、まだまだメジャーではなく

世間では認知度が低いですが

 

落語ファンの間では、桂りょうばさんの

「高座デビュー」に対して

 

「桂一門のサラブレッドがついに

戻るべき土俵に戻ってきた」と

 

大きな期待と注目を集めていいます!

 

桂りょうば&桂枝雀の画像&動画紹介

 

 

{5C76B42E-F151-45D3-BCBB-ED5D98E06E94:01}

 

桂りょうば「落語家デビュー前」のテレビ出演動画

故・2代目桂枝雀の落語動画

 

 

まとめ

 

遠回りしながらも、ついに

プロの落語家としての道を歩み始めた

上方落語界のサラブレッド・桂りょうばさん。

 

桂ざこば師匠も、初高座を終えた桂りょうばさんに

 

「大したもんだ。期待大だね。

場数さえ踏めば父親の枝雀師匠に追いつける」

と太鼓判を押したようです(^_-)-☆

 

43歳という若干遅いデビューの桂りょうばさん。

 

この年数の遅れは、場数でカバーし

近い将来「平成の爆笑王」となる日を

楽しみに見守りたいと思います。